鳶書/高麗楼

 

 

 

Auther : 高麗楼
Circle : 鶏林書笈
Twitter : @keirin_syokyu
紹介文 : 韓国(朝鮮)の史書「三国遺事」に収録されている物語をもとに書いたお話です。

 

 


2 Comments

  1. いぐあな

    求められることが多い神様だからこそ、感謝とお礼の大切さが解るのでしょう。
    とても素敵なお話だと思います。

    Reply
  2. 森村直也

    こんな物語があるのですね。
    鳶が書状をもってくる様、仙人様らしいエピソードと思いました。

    神母の好むトコロは時代・場所を問わず気をつけなくてはと身が締まる思いです。
    尼僧の名前にも引っかけがあるのでしょうか。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>