物品請求書/高麗楼

 

 

 

Auther : 高麗楼
Circle : 鶏林書笈
Twitter : @keirin_syokyu
紹介文等 : “帰還運動”によって北朝鮮に行ってしまった親族を持つ人のお話です。筆者の知人数名の実情をもとにしています。

 

 


2 Comments

  1. いぐあな

    お隣の国の辛い現実。近いのに、様々なことが絡まって、余りに遠い距離に姉妹はいるのですね。
    どうかお互い無事に再会出来ますように。

    Reply
  2. 森村直也

    数ヶ月遅れてでも。必ず届くのが、救いでしょうか。
    前書きと、請求書。
    確かにある現実、その差を苦しく思いました。

    いつか自由に笑って再会することが出来ますように。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です