悪意のうつしみ 罪科の鏡/松井駒子

 

 

 

Auther : 松井駒子
Circle : 梅に鶯
Twitter : @komao0120m
紹介文 : 浄玻璃鏡と罪のお話です。

梅に鶯発刊「遊園地とクレイン 鏡」に収録している「悪意のうつし身」と同一世界観のお話ですが、登場人物は重複していません。単品で問題なく読むことができます。

 

 

 


2 Comments

  1. いぐあな

    罪が明かされないままも、苦しく辛いものなのでしょう。
    彼女は死して彼に裁かれて、やっと安らぐ気がします

    Reply
  2. 森村直也

    背景の黒々とした雲のようなわだかまるもののようなこれが、
    男の執着にも思えました。
    裁かれたいと願った先、それは本当に救いへと繋がるのか。
    背中を撫でる不穏さがいい。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>