鸚鵡/高麗楼

 

 

 

Auther : 高麗楼
Circle : 鶏林書笈
Twitter : @keirin_syokyu
紹介文 : 今回も韓国の歴史書「三国遺事」の中のお話です。似たような話は日本にもあるかも知れませんね。

 

 

 


2 Comments

  1. 森村直也

    面白い逸話だと思いながら読みました。
    ある種の動物は、生涯パートナーを変えないとも聞きます。
    鸚鵡もきっとそうなのでしょう。
    そんな鸚鵡を葬る事になった王は…亡き妻への想いを深くしたのかも知れないと思いました。

    Reply
  2. いぐあな

    鳥でも愛するものを無くす悲しみ、愛するものの偽者を見破る目があるのですね。
    淡々とした文章に妃を亡くした王の悲しみが伝わってきました。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>