ミラーハウス/ドーナツ

 

 

 

Auther : ドーナツ
Circle : ドーナツの穴
Twitter : @donut_no_ana
紹介文 : ブルース・リーの映画からアイデアを得て書きました。
「復讐」は殺人の理由として、もっとも呑みこみやすい気がします。

 

 

 


2 Comments

  1. いぐあな

    ラストのオチにああ……と。
    復讐を果たした瞬間、彼に去来したのは、家族の仇をとれた満足でしょうか?
    それとも、男の正体に対する失望でしょうか?

    Reply
    1. ドーナツ

      感想ありがとうございます!
      篤は仇である己を倒し、目的を達したので満足していると思います。
      どこまでも自分勝手で、彼の手にかかった人々は憐れですが。

      Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>