さくら町の空の色/くまっこ

 

 

 

Auther : くまっこ
Circle : 象印社
Twitter : @cumazou3
紹介文 : 300字SS企画に初めて参加しましたが、300字に物語を落とし込むのがすごく難しく、時間かかりました、でもその難しさがとっても楽しかったです♪ 企画に参加させていただきありがとうございました。普段はすこしふしぎな世界観の、ふんわりとしたファンタジーを書いています。どこかでお目にかかれたら嬉しいです。

 

 

 


2 Comments

  1. いぐあな

    文明崩壊後の世界の「空色」という言葉が目から鱗でした。
    そして、その色を「晴れ」から引き出すというのも。
    遠い過去の空に馳せる思いまで、伝わってきそうでした。

    Reply
  2. 納豆

    文明崩壊後の現代どうなっているのか気になりました。
    学校があって図書室があって、絵に残る桜が再現できる技術と環境がある状態……
    でもかつての空の色が、文献などから想像するくらいでしかわからない(ピンとひらめかない)状態……
    「僕」の口調が穏やかな気がするから、現代は空の色以外は落ち着いてきてるのかなぁと思ったけど、でも、また、青い空色の空が、見上げられるようになったらいいなぁ、と思いました。
    青い空が見えるまで、まだ、時間が沢山かかるのかもしれない、と切なくなりながら、ご作品の世界に浸りました。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>