桜の歌人/つんた

 

 

 

Auther : つんた
Circle : みずひきはえいとのっと
Twitter : @tsuntan2
紹介文 : 桜の歌人について、紹介を。
年長けてまた越ゆべしと思いきや命なりけり小夜の中山
桜の歌人とは西行の事。この歌を使って書いたお話を前提に書いたものです。
山家集片手にいた故人のことと主人公の心。主人公の彼は未来に時間移民した人で
す。
聖堂はカンタベリー大聖堂を示しています。

 

 

 


1 Comment

  1. いぐあな

    様々な歴史と偉人と桜に思いを馳せる彼。
    桜と人との長い関わりが浮かんできます。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>