櫻切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿/氷砂糖

 

 

 

Auther : 氷砂糖
Circle : cage
Twitter : @ice03g
紹介文 : 普段は五〇〇文字小説を書いている氷砂糖です。
ポスカラリーは初参加でした。

 

 

 


1 Comment

  1. いぐあな

    きっとなぞらえた故事のように、そのときそのときの成長に合わせ、大切に大切に育てられたお嬢様なのでしょうね。
    心からの幸せを願う佐伯さんの笑顔が見えるようです。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>