河辺の桜/斉藤ハゼ

 

 

 

Auther : 斉藤ハゼ
Circle : やまいぬワークス
Twitter : @HazeinHeart
紹介文 : 宮城の河辺にある、とある桜たちを題材として書いた作品です。
「波分桜」は宮城県内の津波到達地点各地に植えられている祇園しだれ桜のことです。名の由来は慶長の津波が来た時、目の前で波が割れた場所を神社として祭った浪分神社から。祇園しだれ桜は一説によれば千年生きるとか。千年後の世界ってどんな感じなんでしょうね。

 

 

 


1 Comment

  1. いぐあな

    津波の到達地点に植えられた浪分桜。
    老桜の言葉どおり、しっかり根をはって、しだれ桜の、その長い寿命を終えるまで、何事もなく花を咲かせ続けて欲しいです。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>