桜の樹の下のしたいのしたには/堺屋皆人

 

 

 

Auther : 堺屋皆人
Circle : S.Y.S.文学分室
Twitter : @minahiton
紹介文 : スピンオフじゃない方のポスカです。
前回『真実は鏡の中』よりは正統派。
なので、今回は裏面解答無しです。
ミステリ好きさんにとっては解読は知識問題。
読めばヒントが分かりやすいので、今までで一番簡単かも。

 

 

 


1 Comment

  1. いぐあな

    謎を解くと見える、彼女の本音。
    明るく振る舞いつつも、これを書いた彼女と、亡くなってから読み解いた彼の気持ちを考えると切ないです。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>