ナナシノハナシ『記録の国』/雪本歩

 

Auther : 雪本歩
Circle : N書房
Twitter : @Bibliodick

 

 


3 Comments

  1. いぐあな

    いつか来る未来を予感させそうで怖いですね。
    アナログの技術が残っていれば…。便利さの果てに失ったものが大き過ぎます。

    Reply
  2. なな

    絵本みたい。機械の便利さが怖くなるお話。雨が降りそうな物悲しさがありました。

    Reply
  3. 森村直也

    うわぁ。

    紙の本は数百年から数千年(文庫本、漫画本の『簡易製本』は数十年…の見込みでしたが)
    CD-ROMはせいぜい数十年。(表面プラの変質問題で、開発当初は30年程度と見込まれていたそうです)
    磁気記憶は管理下でしか保障されず、
    一部専門家の間では情報保存について、危惧されているようです。

    という蘊蓄をつい語ってしましました。
    最後の一文がまた痛い。
    文明の果てに残るモノがありますように。
    興味深く、面白い物語でした。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です