別れ/瀬古冬樹

 

Auther : 瀬古冬樹
Circle : とーとくるす
Twitter : @sekofuyuki

 

 

 

 


3 Comments

  1. いぐあな

    並べた本の片方が倒れている描写で、悲しみと寂しさと、それまでの二人がほの見えるのが素敵です。
    また、本棚が埋まる日が来ますように。

    Reply
  2. なな

    並べられていたときの2冊と、残されて倒れている1冊。この差が空虚で悲しいし、本も寂しかったろうなと想像する。物悲しいけど素敵な話でした。

    Reply
  3. 森村直也

    淡い背景。すこしばかり薄い文字。優しい明朝。
    そこにあるけど、主張しない。まるで荷物が減った部屋を文字を通して見るようで。

    本も私も、ちょうど収まる場所を見つけられますように。
    少しばかり落ち着いて、休めるように。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です