彼女の話/小高まあな

 


Auther : 小高まあな
Circle : 人生は緑色
Twitter : @kmaana
紹介文 : 本が好きな彼女との思い出のお話。
とある自作の後日談的な位置づけですが、敢えて明確にどのお話とは言わないでおきます。



2 Comments

  1. いぐあな

    本を読む、ということに夫婦の愛情があったのですね。
    そして、これからも彼はずっと彼女を追って本を読み続ける気がします。

    Reply
  2. なな

    物悲しさと優しさと愛しさが緩やかに流れてるこの空気感好き。
    イラストも幸せそうでいいなぁ。
    好きな人の本って自分の趣味とは合わなくても特別な気がする

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>