パンチ穴について

パンチ穴の形状

くじ引き済みの印として企画ブースでカウントしたカードにはパンチで最大7mm程度の穴を開けさせていただきます。
ご面倒ですが主催が腱鞘炎のため、くじ引きされる方自身に穴を開けていただきます。

持ち込むパンチは、大きく2種類。

ハンドパンチ4種類

 

実際に開けた穴の画像


※何故か月型だけ左右逆に穴が開きます。

重ねて開けようとするとかなりの力が必要です。手首とご相談の上ご使用ください。

 

1穴パンチ(3mm)

 一般的なパンチより小さめの穴です。軽い力で開けられる強力タイプ。

 

ドリルパンチ(6.35mm)

ハンドルを回して一気に開けられるタイプ。

 

穴開け位置

企画ブースにて向きを確認する余裕がないため、第2回以降は敢えて指定はなしとさせていただきます。
極力、両面四隅1.5cm角程度に余裕を持ったデザインをお願いします。