Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/siestaweb/siestaweb.net/public_html/300/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/siestaweb/siestaweb.net/public_html/300/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/siestaweb/siestaweb.net/public_html/300/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
第3回作品集

第3回作品集

とある日の秋祭り~「敗北イベントはバグ使ってでもいっぺん叩きのめさないと気が済まない」by黒田茜」/夕凪悠弥

 

 

 

Auther : 夕凪悠弥
Circle : オービタルガーデン
Twitter : @yu_nag
紹介文 : 「それはいわゆる死亡フラグというものでして。」番外編。
 本編の表紙&挿絵を手がけてくださった猫月ユキさんの描き下ろしイラストにテキストを付けてみました。
 300字SSラリーのお題が鏡だったので大変無茶なことになりましたが、基本的に無茶やらかすのがお嬢様なのでつまりいつも通り。
 やたら長いタイトルも本文を補完するという暴挙に走ってみました。お嬢様はだいたいそういう思考回路で動いています。意外に負けず嫌い。
 なお真里奈はこのあとたこ焼きを美味しくいただきました。

 

 

 

光学銃は反射してなんぼ/夕凪悠弥

 

 

 

Auther : 夕凪悠弥
Circle : オービタルガーデン
Twitter : @yu_nag
紹介文 :  レーザー銃と言うより光学銃って言ったほうが自衛隊の装備っぽくて趣がありますね(主観)
 簡単に反射できそうでいて実はこんなところに技術の壁が、というお話。
 夢中になって自然に倫理を踏み越えていく科学者さんって結構好きだったりしますね。あからさまに狂って見えるより、悪気なく純粋にロマンを追い求めて極北まで突っ走るほうが自分にとっては存在感があって、タチが悪くて好きです。

 

 

 

あけるあさ/夕凪悠弥

 

 

 

Auther : 夕凪悠弥
Circle : オービタルガーデン
Twitter : @yu_nag
紹介文 :  乗り込み式巨大ロボットで引き網漁だー!
 なお、実際に機雷除去などで、ヘリでワイヤーを海面に垂らして引き回すにはかなりの技量が要求されるそうです。たぶんこれも技量的に果てしない無駄遣い。
 なぜこうなったかは、WEBで公開中の『神域のあけぼし』をご確認ください。(宣伝)きっとこんな描写でときめいて頂けた方には届くはず。いつかテキレボで冊子版を頒布できたらいいなとの思いを込めてお届けしました。

 

 

 

ミラーハウス/ドーナツ

 

 

 

Auther : ドーナツ
Circle : ドーナツの穴
Twitter : @donut_no_ana
紹介文 : ブルース・リーの映画からアイデアを得て書きました。
「復讐」は殺人の理由として、もっとも呑みこみやすい気がします。

 

 

 

魔法の鏡の作り方/龍魔幻

 

 

 

Auther : 龍魔幻
Circle : 幻創文楽舎
Twitter : @genryuma
紹介文 : 『幻創文楽舎』名義で細々長々諦め悪く、一次創作主体でお話書きと県内イベント参加をちょびっとやってます。
文字書きさんとの横繋がり薄く、遠征もせず、ほけーっとやっている期間が長いので、素敵な機会を頂いて嬉しく思います。
駄文、少しでも楽しんでいただければ幸いです。

 

 

 

泡沫/六平彩

 

 

 透明な膜が膨らんで、球形を成していく。日光を受けて虹色にうすく輝く、透明で不安定な球体。向こう側と自分の顔が映っていた。横に間延びして変なふうになっている。おかしな顔だ。
 もうひとつ、ぷくっと膨らんだ。ふわふわと浮かぶそれらがどうにもかわいらしくて手を伸ばす。細い音と共に割れて、石けん水をこぼした。
 あの頃に返ったみたいに、自分が幼さを取り戻していくのを感じた。手に持った管を握り締めて、もういちど、息を吹き込む。なかなか離れない。どんどん膨れていく。
 ぱちんと割れた。石けん水の細かいつぶが目に入って少し痛い。ああ、なんだか、幸せだなぁ。

 

 

Auther : 六平彩
Circle : 写翳
Twitter : @yagura0519

 

 

 

鏡の池の昔話/鏡の池の昔語り/なな

 

 

 

Auther : なな
Circle : 7’s Library
Twitter : @nano1257
紹介文 : ポストカード版は背景なしでクラフト紙に印刷。Web版は似た雰囲気の背景をつけました。
ちなみに表も裏も背景は一緒ですが、文字色に引きずられて全体の色まで変わってみえるのは面白いですね。