企画第8回および遠隔ラリーレポート

テキレボ中止

ハギビス許さねぇ。
これに尽きる。もう本当に、今回はこれに尽きる。

台風19号によるまさかのテキレボ中止。当然企画も中止。
なんでピンポイントで来るの!! 10月なのに!!

念のため言っておくと、中止にしたことについて主催さまを責めるつもりはまったくないです。むしろ中止されなかったら困った。
他人の作品を委託で預かってる身としては、例え会場に誰も来なかろうと開催される限りは行く努力をしないといけないので。
中止が発表されたアナウンスを見て一番最初に思ったのは「助かった」です。当日入り予定だったので中止にならなかったら多分超痛い金額出費して新幹線で前日入りしていた。

自分が死ぬことすら想定してるのに交通封鎖もテキレボ自体の中止も想定していない免責を見て笑ってしまったので、次回以降向けには書き直したいと思います。

遠隔ラリー開催

正直、半分やけくそでした。どうしても精神的にケリつけられなかった。
中止発表後、割とダメージ少ないなーと思ってたくらいだった(実際金銭的マイナスが少なかった)のに涙が止まらなくなった原因が「半年なにやってたんかな」と考えたことだったので、単純なテキレボロスというよりは「半年やってきたことが全部無駄になった」が自分にとってキツかったんでしょう。だから「半年は無駄になっていない」と思える何かが必要だった。補填になる何かが。
ということで企画しました。
でも、まぁ出来ることなんか限られているので「集めて疑似代行」と必然的な落としどころになりました。
もともと企画の初期段階、継続頒布の一環でやっていたことを部分的に復活させただけで、特に変わったことはしていないのでやり方についてはここではあまり書かないでおきます。

特記するとすれば、レンタルポスト(私設私書箱)の利用くらいですかね。
自分の個人情報を守るため、という意図もゼロとは言わないですが優先度は低かった。それよりも、イメージ通りの実施を目指すならまず参加作品をたくさん集める必要があって、よりハードルを下げるには「公開してしまえる住所」が必要だった、というのが大きかったです。
さすがに自宅住所をネット公開はできないけど事前申請が必要だとハードルは上がり、そのワンステップだけで参加を躊躇する人ももちろんこちらの手間も増えるので。
あと「送り主の個人情報を書かないこと」を許容できたことも一応ポイントでした。まぁなんかあると困るので、ほとんどいませんでしたが。
仕事の帰りに寄れる範囲に料金お安めのところ(最短契約2ヶ月で8960円。転送専門を除くと入会金だけで10000円超えるところがほとんどだった)が見つかったので契約。ハードル下げは最大限できたと思うし、使い勝手もよかったのでサービスの存在に感謝したい。
通常の企画用に継続利用できたらよかったんだけど、それは金額的にさすがに無理でした。残念。

数値

中止前のデータ(開催されていれば、の参考)

●参加数
 直参 61サークル(63人)
 委託 19サークル(19人)
 計80サークル 82人

●ブースベースの会場内参加率 42.7%

●サークル賞提供数 93(繰り越し含めず)

●代行受注数
 新規 84アイテム 948枚(前回110アイテム 1716枚)
 旧作 7アイテム 9枚

開催中止により会場頒布がないので、代行受注数のみのデータですが、前回よりさらに大幅に減っています。
今回代行システム自体が大幅に変わったという要因があり、急遽「非公式オプション」の対策を打って緩和は試み、割と使ってはいただいたものの単純には分析できないところ。
300字企画参加作品を1枚以上依頼した人数は前回25人に対して今回は24人でほぼ変わらず。そのうち大量注文の方は10人くらいですね。
今後はシステムがUI含めてどのように調整されていくかによって変わりそう。もともと減少傾向とはいえ正直さっぱり読めなくなってきましたね…

遠隔ラリーの実績

●参加数
 69サークル(76人)
 80アイテム(86種類)

●受注数
 申込人数 50人
 総受注数 2967アイテム 3159枚

収支

 支払われた合計金額 35280円
 手数料・匿名輸送費 3721円
 タイトルカード売上 31枚+boost100円=3200円(烏楽に渡し済み)
 企画収入 28659円

カンパ額
 Boost機能や金額追加でのカンパ 13490円(手数料を除かない支払われた総額)
 他イベント等での現金カンパ 4400円
 桂瀬宛※ -1000円
 計16890円
※「桂瀬個人に」と指定でお小遣いをいただきました。お気遣いありがとうございましたm(_ _)m

企画収入の内、企画経費(クリックポスト送料・梱包費・レンタルポスト契約費用の補填)を輸送方法ごとに一律で差し引き、残りをカンパとして次回運営に使用させていただきます。

クリックポスト337円×45件+匿名配送131円×5件=15820円

企画収入28659円-企画経費15820円=カンパ12839円

たくさんのカンパありがとうございました!

Special Thanks

遠隔ラリー 冊子類・企画MAP提供

 Text-Revolutions準備会さま
 又旅さん
 残部僅少作品頒布応援「ゴブガリ企画」さん
 ゆるっとSFさん
 東北においでよMAPさん
 テキレボ鈍器フェスティバルさん
 テキレボねこマップ!さん
 作品紹介アシスタントさん

企画ブース助っ人予定だった方々

 くまっこさん
 末広圭さん
 世津路章さん
 sunny_mさん

カウント担当予定だった方々

 人生は緑色 小高まあなさん
 R.B.SELECTION 濱澤更紗さん
 庭鳥草紙 庭鳥さん

サークル賞提供予定だった方々

 灰青 凪野基さん(一部遠隔ラリーに使用)
 ロザリアは笑う 真北理奈さん(一部遠隔ラリーに使用)
 一服亭 いぐあなさん(一部遠隔ラリーに使用)
 七月の樹懶 たつみ暁さん
 hs*創作おうこく。 せらひかりさん
 庭鳥 庭鳥草紙さん
 小田島静流 空想工房さん
 月ノ杜舎 佐倉治加さん
 まりあ骨董 汐江アコさん
 鶏林書笈 高麗楼さん
 暁を往く鳥 砂原藍さん
 博物館リュボーフィ まるた曜子さん
 砂色オルゴール 維夏さん
 アメシスト 天海六花さん
 7’s Library ななさん
 押入れの住人たち なんしいさん
 藍色のモノローグ 藍間真珠さん
 千美生の里 野間みつねさん
 むしむしプラネット 柏木むし子さん
 兎角毒苺堂 伊織さん
 片足靴屋/Sheagh sidhe 南風野さきはさん
 シュガーアイス まつのこさん
 R.B.SELECTION 濱澤更紗さん
 白水の小説棚 悠川白水さん
 夢花探 ほたさん
 三日月パンと星降るふくろう 雲形ひじきさん
 ミツモト時計店 ミツモト メガネさん
 いとこん ソウさん
 絲桐謡俗 一福千遥さん
 砂水 碓地海さん
 POINT-ZERO 青銭兵六さん
 アテナ戦記 橋本野菊さん
 象印社 くまっこさん
 SiestaWeb 桂瀬

第8回分ポスカセット委託請負 ※予定含む

 えすたし庵 呉葉さん
 夢花探 ほたさん
 千美生の里 野間みつねさん
 招福来猫 きよにゃさん
 藍色のモノローグ 藍間真珠さん
 アメシスト 天海六花さん
 いとこん ソウさん
 月ノ杜舎 佐倉治加さん
 hs* せらひかりさん
 庭鳥草紙 庭鳥さん
 暁を往く鳥 砂原藍さん
 酔庫堂 七歩さん
 SiestaWeb 烏楽

チラシ配布協力

 灰青 凪野基さん
 花月 猫宮ゆりさん
 庭鳥草紙 庭鳥さん
 暁を往く鳥 砂原藍さん
 博物館リュボーフィ まるた曜子さん
 藍色のモノローグ 藍間真珠さん
 象印社 くまっこさん
 千美生の里 野間みつねさん

お題提供

 一服亭 いぐあなさん

テーマイラスト

 SiestaWeb 烏楽

 

抜けてたら申し訳ない。
その他、作る側・集める側で参加しようとしてくださっていた方々、遠隔ラリーに参加してくださった方々、遠隔ラリー用にMAPや冊子を提供くださった各種企画主催様方、カンパくださった方々、毎度の事ながら便宜を図ってくださっていた、そして今回は本来NGのパンフレットを遠隔ラリー向けに提供くださったれぼんさん&準備会のみなさま。
第8回および遠隔にお付き合いくださり、本当にありがとうございました!!

第9回は2020年11月1日。おなじみ東京浅草、都産貿台東館第10回Text-Revolutionsにて開催予定です。少し時間が空くので当企画もちょっとお休みさせていただいて、お題発表や参加者募集は4~5月くらいかなーと考えております。
気が向きましたら、また是非ご参加ください。
来年も引き続き300字企画をどうぞよろしくお願いいたします。

2019年12月31日  主催 桂瀬

裏吉原は今日もにぎやか/坂本蜜名

 

 

 

 

Auther : 坂本蜜名
Circle : 藤墨倶楽部
Twitter : @touboku_mitsuna
紹介文 : 坂本蜜名作『猫又花魁異聞』のキャラクターが登場するSSです。300字という短さでどれだけのものが表現できるのか、挑戦という心持ちでしたが、納得いくものが出来たと思います。

 

 

 

帰らずの山/青銭兵六

 

 

 

 

Auther : 青銭兵六
Circle : POINT-ZERO
Twitter : @Hyourock
紹介文 : 聞くところによると、東洋の竜は大河の、西洋のドラゴンは火山の具象化と考えることが出来るそうで、そんな辺りから発想した作品です。
架空生物には不慣れな身ですが、お楽しみいただければ幸いです。

 

 

 

退魔の呪文/桂瀬衣緒

 

 

 

 

 

Auther : 桂瀬衣緒
Circle : SiestaWeb
Twitter : @katsurase
紹介文 : 小学校時代に読んだ本の内容がこれでした。
不思議だったんですよねぇ、一般的な家には赤い紙なんてそうそうないのにどうすんだろうって。