亥の子餅/ひなたまり

 

 

 

Auther : ひなたまり
Circle : 時代少年
Twitter : @meijihinata
紹介文 : 亥の子餅は、旧暦10月・亥の日に、無病息災を願って食べられます。平安時代後期・陸奥国多賀城。源義家と安倍貞任の穏やかなひととき。

 

 

 


2 Comments

  1. いぐあな

    お餅はつきたてが一番ですよね。当時は保存料なんてなかったから、すぐに固くなったと思いますし。
    奔放な貞任と大人っぽい義家。
    調べて「歌問答」を読んで、しんみりしました。

    Reply
  2. なな

    歴史の一幕。安倍貞任と源義家の、餅をめぐる他愛のないやりとりに微笑ましい気持ちになりました。ただ食べ物には食べごろというものがあるので、餅はつきたてを食べるに一票です。亥の刻までは待てませんね!
    それはともかく、この後の歴史を考えると、こういうときもあったのになぁという気持ちに。
    いぐあなさんのコメントの「歌問答」も読みましたが、歴史というのは変えられないからこそ、残されていない部分を想像するのは楽しいし、そこで救われる部分もあるのかもなぁなどと。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です