古革の本の頁を開くとき 水平線は書庫にぞありき/海崎たま

 

Auther : 海崎たま
Circle : チャボ文庫
Twitter : @chabobunko
紹介文 : 短歌を詠んでタイトルしに、そこからイメージを膨らませて短い物語を書きました。歌物語のような味わいになっていたら幸いです。



3 Comments

  1. いぐあな

    短歌がまず素敵です! こんな300字の書き方もあるのですね。
    友達は目の前の光景しか認識出来なかったのでしょうか。沢山の海が、そこにつまってますのに。

    Reply
  2. なな

    タイトルもお話も好きです。そして印象的なラストが心に残る作品でした。
    小学生の頃、「私と他人が見ている景色は違うものだと思っていた」と言った友人がいて、そのことを思い出しました。
    背景の泡もお話の世界に沈んでいくようで良かったです……!

    Reply
  3. セリザワマユミ

    これコンプできてない~残念~!

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です