晴れない曇り/庭鳥

 

 

 

Auther : 庭鳥
Circle : 庭鳥草紙
Twitter : @niwatoring

 

 

 


2 Comments

  1. いぐあな

    身近な者に置いてかれ、病身の身と向き合い、床で一心不乱に鏡を磨く姿が浮かんできます。
    しかし、この方の場合、鏡のように磨いても、磨いても心はなかなか晴れないのではとも思います。

    Reply
  2. 森村直也

    シンプルな紙面ながら、フォントの選択が雰囲気よく物語を彩っています。
    ベタの(硝子を挟まない)金属鏡! 呪術の一端をに担うような温度感。

    かつて社会の授業で見た今に伝わるような鏡を、病床にありながら懸命に磨く姿を思い浮かべます。
    心の曇りはなんであったか。
    国の行き先か、自身の先か、それとも。
    史実として鏡の曇りは取れたのでしょうか……。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>